RFID医療サービス

ホーム RFID医療サービス

シムタグV3をリリース

2011年に稼働した世界初の鋼製小物管理システムで世の中にデビューしたシムタグV1から、タグの部分を医療用プラスチックで一体成型したシムタグV2 を経て、シムタグがV3に進化しました。
性能はそのままで、サイズと重量を共に1/3に縮小した次世代のシムタグです。
このシムタグV3により、取り付け可能な鋼製小物の種類が増え、また操作性も向上しました。
同時に、溶接が不要でステンレス製以外の器具に取り付け可能な「ブッシュタグ」や硬性鏡や各種ケーブルに取り付け可能なタグも追加しました。
その他のタグも大幅にバリエーションが増えました。 

ICタグ 鋼製小物管理システム シムセーフ SIMSAFE

第22回「中小企業優秀新技術・新製品賞」中小企業庁長官賞受賞

カタログはこちら (PDF:1.4MB)

また最近、SIMSAFEに関する問い合わせがありましたので、以前講演で使用した資料をアップします。

SIMSAFE資料 (PDF:5.7MB)  

シムセーフを導入した病院様から、導入効果のご報告を頂きました。

注意していても防げなかったミスが、ゼロになった。

非熟練者でも組立て作業が可能で、人間によるダブルチェックも最終的に廃止した。

コンテナ内の鋼製小物に取り間違いが無いので、術前確認を廃止した。

術後の確認が短時間ですむので、すぐに患者様のケアに専念できる。もちろん、ダブルチェックも無し。

検索機能で所在が簡単に分かるので、鋼製小物を探し回る手間が無くなった。

使用・未使用分析の機能を活用すると、鋼製小物の本数とコンテナの数量の2割以上の削減が見込める。

システムが品質を保証するので、業務委託に変えても安心。

人件費等の削減額が、年間2000万円以上になる。

もちろん、トレーサビリティを含め患者安全は完璧。

本システムを導入して頂いた病院様

島根大学医学部附属病院様 600床
   外傷センター拡張
   システム更改
2011年稼働
2017年
2017年
近畿 日本赤十字社和歌山医療センター様 873床 2013年稼働
山陽 岡山大学病院様 865床   2014年稼働
甲信越 山梨大学医学部附属病院様 606床 2014年稼働
四国 高知大学医学部附属病院様 613床 2015年稼働
四国 香川大学医学部附属病院様 613床  2016年稼働

「島根大学医学部附属病院 ICタグを利用した手術器具管理システム 」


シムセーフの動画クリップ (You-tube)